注文住宅では希望する窓を選ぶことが出来ますが、出窓に憧れている方はいるでしょうか。

以前は、戸建てマンションを含めて出窓は人気がありました。
出窓にすることで、空間が広く感じることが出来て明るい部屋になります。

でも実は最近では出窓はあまり人気がありません。
とくに建売住宅やマンションで出窓を設置している住宅は少ないです。

なぜなら、出窓にはデメリットがあります。

今回は、出窓のデメリットの話をします。

134395.jpg

出窓のデメリット


出窓のデメリットとは、年月が経過することで出窓の重みで下がってしまい、出窓の部分に隙間が出来ることにあります。
そうして、隙間風が入る部屋になってしまいます。

私は注文住宅の住宅メーカーに勤めていましたが、社長の家を建てたときには高気密高断熱住宅で出窓を設置した住宅にしました。

でも数年経過した後には、出窓の部分で隙間風を感じる部屋があります。

住宅メーカーの社長の住宅なので手抜き工事はないですが、それでも出窓の部分は出窓の重さで窓が下がってしまい隙間風が入るという欠陥住宅になっています。

出窓のデメリットを検討


私が注文住宅の住宅メーカーに勤めていたときには、出窓を選択する方は少なかったです。

なぜなら、出窓の流行が過ぎたことも影響していますが、出窓というのは一般的な窓よりも高価な窓なので、設置する方が少ないことも理由としてあります。

でも高価な出窓を設置して、数件経過した後に隙間風を感じる部屋になったら最悪です。

出窓というのは、窓の部分が住宅から飛び出して設置するので、窓の重みで上部の部分に隙間が空いてしまうことは、当然のことかもしれません。

これから住宅購入をする方で出窓に憧れている方は、注意をした方が良いと思います。

以上、出窓のデメリットの話でした。





※【マル秘情報】
注文住宅の値引き交渉が有利になる方法を伝えます。
あまりにも強力な方法ですので乱用を避けたいので秘密でお願いします。
詳細はこちらをクリック


広告





 カテゴリ

 タグ