注文住宅で人気のある間取りというとリビング階段の間取りです。
私が注文住宅の住宅メーカーに勤めていたときにも、リビング階段を希望する方は多かったです。

リビング階段には、エアコンの空気の流れが階段に流れてしまう。
というデメリットがあります。

それでも、リビング階段に憧れるのであれば、リビング階段の間取りにした方が良いと思います。

今回は、注文住宅でリビング階段の間取りの話をします。

リビング階段間取り.jpg

注文住宅でリビング階段の間取り


上記で提案したリビング階段の間取りは、私の自宅の土地でリビング階段の間取りプランを提案しました。

土地は35坪で延床面積は約32坪です。
3LDKの間取りですので、多くの方が希望する注文住宅の間取りだと言えます。

私の自宅の土地は北側道路の土地ですが、リビング階段を北側道路に配置することで、日当たりの良い南側の採光を確保するようにしています。

リビング階段で階段の種類として、直進型・L字型・U字型と3タイプの階段がありますが、U字型の階段がスペースが一番節約することが出来る階段です。

リビング階段では、直進型のスリット型のリビング階段を希望する方も多いです。
でも直進型のスリット型階段では、事故を起こす可能性が高い階段です。

注文住宅でリビング階段の間取りを希望する方は、U字型のリビング階段をオススメします。

注文住宅でリビング階段の間取りを検討


注文住宅でリビング階段の間取りを作ることに憧れる方は多いと思います。
リビング階段で家族の触れ合いを感じることが出来て、幸せな家族の生活が出来ることは大切です。

リビング階段では、エアコンの効率が悪くなるというデメリットがありますが、それでもリビング階段に憧れる場合は、リビング階段の間取りにする方が後悔をすることはないと思います。

以上、注文住宅でリビング階段の間取りの話でした。





※【マル秘情報】
注文住宅の値引き交渉が有利になる方法を伝えます。
あまりにも強力な方法ですので乱用を避けたいので秘密でお願いします。
詳細はこちらをクリック


広告





 カテゴリ

 タグ