注文住宅では南道路を土地が人気がありますが、日当たりが良い土地が人気が良いことは当然のことです。

南道路の土地の間取りは、リビングが南道路に面しているので、道路の視線が気になってリビングが落ち着かない。
という方も多いので、南道路の間取りではリビングの位置には注意した方が良いです。

今回は、注文住宅で南道路の間取りの話をします。

南道路間取り.jpg

注文住宅で南道路の間取り


今回、提案した注文住宅での南道路の間取りは、リビングの前にポーチとして庭を配置しています。
リビングが南道路から離れているので、外部からの視線が気になることはなくなります。

ポーチの前に車を駐車したら、さらに南道路からの視線を遮ることができて、ポーチの場所でバーベキューやカフェみたいにテーブルを置いてお茶を楽しむことも可能です。

注文住宅で南道路の間取りを検討


南道路の注文住宅で日当たりが悪いことのリスクは、ほぼないと言えます。
でも日当たりが良い分、外部からの視線が気にならないように間取りを工夫することがポイントです。

リビングで南道路の視線が気になり、レースのカーテンをしている方は多いですが、それでも視線が気になります。
とくに夏になると窓を開けたい場合が多いですが、南道路の間取りでは窓を開けてリラックスして過ごせる方は少ない場合が多いです。

南道路の間取りでは、日当たりが悪いことで悩むことはないですが、外部からの視線で悩むことが多いです。

南道路の土地は、他の土地よりも人気があって土地価格が高いです。
でも注文住宅が完成した後に、日当たりが良いのに間取りで後悔したら大変なことです。

南道路では日当たりのことは心配しない代わりに、南道路の視線が気にならない間取りを意識すると良いと思います。

以上、注文住宅で南道路の間取りの話でした。





※【マル秘情報】
注文住宅の値引き交渉が有利になる方法を伝えます。
あまりにも強力な方法ですので乱用を避けたいので秘密でお願いします。
詳細はこちらをクリック


広告





 カテゴリ

 タグ