注文住宅では自由に間取りを作ることが出来るので、普通の間取りでは面白みを感じない方は色々な冒険をしたくなるものです。

私の自宅の注文住宅の間取りでは、クローゼットに扉を設置していない住宅をみて憧れてしまいました。

でも実際にクローゼットに扉がない間取りに住んでみると、大変使いづらいクローゼットになりました。

今回は、注文住宅でクローゼットの注意点の話をします。

クローゼット2画像.jpg

注文住宅でクローゼットの注意点


注文住宅では間取りで色々な要望をすることが出来ます。
間取りだけでなく、クローゼットに関しても扉を設置しないことも選択することが可能です。

でも注文住宅であまり奇抜なアイデアは、実際に住んでから後悔するので止めたほうが良いと思います。

下記のイメージ画像では、クローゼットに扉を設置した画像ですが、クローゼットには扉があった方が落ち着く感じになります。

クローゼット2a画像.jpg

クローゼットの注意点を検討


クローゼットの注意点としては、扉を設置することは当然だと思う方が殆どだと思います。
でも、ネットや雑誌などで注文住宅の間取り見ていると、色々なアイデアを真似して取り入れたいと思う方は多いと思います。

そして、住宅展示場や注文住宅の雑誌を見ていると、奇抜な間取りのデザインが多いので、クローゼットに扉を設置しないことも検討してしまう場合もあります。

注文住宅でクローゼットに扉を設置しないことを選択しても、建築費用の節約は微々たるものです。

またクローゼットに扉がないことをオシャレに感じても、実際に生活をしてから使いづらいクローゼットになってしまいます。
もし万が一、クローゼットに扉を設置しないことを考えている方は、無難な間取りのクローゼットにする方が後悔がないので、クローゼットには扉を設置するようにしましょう。

以上、注文住宅でクローゼットの注意点の話でした。





※【マル秘情報】
注文住宅の値引き交渉が有利になる方法を伝えます。
あまりにも強力な方法ですので乱用を避けたいので秘密でお願いします。
詳細はこちらをクリック


広告





 カテゴリ

 タグ