注文住宅で屋根を選ぶときには、切妻屋根を選ぶことがベストな選択です。
切妻屋根は雨漏りのリスクが少ない屋根で、一番無難な屋根の形だと言えます。

注文住宅だと色々と奇抜なデザインの屋根を考える方もいますが、屋根というのは雨漏りを防ぐ大切な部分です。
シンプルな切妻屋根だと、屋根で後悔するリスクを減らすことが出来ると思います。

今回は、注文住宅の屋根は切妻屋根がベストの話をします。

切妻屋根画像.jpg

注文住宅の屋根は切妻屋根がベスト


注文住宅の屋根は、切妻屋根をオススメしている私です。
でも私が自宅を建てるときには、寄棟の屋根で注文住宅を建てました。

なぜなら、私の自宅は風の強い地域なので、寄棟は風に強い場所に向いています。
でも寄棟は、構造は複雑なために雨漏りのリスクも他の屋根の形より高いです。

屋根の形では、谷となる部分がないことが大切ですが、私の自宅では間取りの形状から、寄棟の屋根にすると谷の部分が出来てしまいました。

屋根画像.jpg

谷の部分では、雨が溜まるので雨漏りのリスクが高まります。

いま思えば、切妻の屋根にすれば良かった。
と思っています。

注文住宅の屋根を検討


注文住宅では色々な部分で自由に決めることが出来ます。

そして、屋根の形も決める場合がありますが、屋根というのはデザイン性よりも、雨漏りをしない形状を第一優先にして検討することが良いと思います。

例えば、フラットな屋根というものがありますが、フラットな屋根は雨が溜まる谷で出来ている屋根とも言えます。
そして、もっとも雨漏りのリスクが高い屋根です。

注文住宅の住宅メーカーによっては、フラットな屋根は雨漏りリスクが高くて、クレームになりやすいので、フラットな屋根は対応していない住宅メーカーもあります。

実は注文住宅が完成したあとには、屋根のデザイン性について、あまり考える方はいません。
それであれば、注文住宅の屋根は雨漏りのリスクが最も低い形状を選ぶことが良いと思いませんか?

以上、注文住宅の屋根は切妻屋根がベストの話でした。





※【マル秘情報】
注文住宅の値引き交渉が有利になる方法を伝えます。
あまりにも強力な方法ですので乱用を避けたいので秘密でお願いします。
詳細はこちらをクリック


広告





 カテゴリ

 タグ