注文住宅の間取りで理想の寝室について知りたい方はいるでしょうか。

注文住宅ではキッチンにこだわる方が多いですが、寝室の場所は1日の疲れを取るために大切な場所です。
寝室を快適な間取りで注文住宅を作ることで、家族が健康に暮らすことが可能です。

今回は、注文住宅の間取りで理想の寝室の話をします。

寝室間取りイメージ画像.jpg

寝室間取り画像.jpg

注文住宅の間取りで理想の寝室


注文住宅の間取りで理想の寝室としては、日当たりの場所がポイントです。

上記で提案した間取りプランでは、東南角部屋に寝室を配置しています。

朝起きたときに、東側の朝日を浴びて起床することが出来ます。
また南側ということで、日当たりが良いことは当然です。

そして、理想の寝室のポイントしては、間取りの形にあります。
理想の寝室の形は、正方形の形がリラックスできる形と言えます。

正方形の形に出来る間取りだと8畳の大きさになりますが、8畳という寝室の広さは丁度良い広さだと言えます。

クローゼットは出っ張りがない状態に配置して正方形の形の寝室は、落ち着きを感じることが出来る寝室です。

理想の寝室を検討


理想の寝室としては、隣の部屋の壁と隣接しないことも大切です。
クローゼットを配置して、音が直接隣の部屋に伝わらないようにすることも、理想の寝室のポイントだと言えます。

住宅メーカーの設計士を信頼して任せることも大切ですが、注文住宅ではちょっとした間取りの工夫を知っていることで、注文住宅が完成した後にストレスを感じないで快適な寝室にすることが可能です。

注文住宅の間取りで理想の寝室を作るように意識することは大切ですね。

以上、注文住宅の間取りで理想の寝室の話でした。





※【マル秘情報】
注文住宅の値引き交渉が有利になる方法を伝えます。
あまりにも強力な方法ですので乱用を避けたいので秘密でお願いします。
詳細はこちらをクリック


広告





 カテゴリ

 タグ